星空スクール

【講義ノート】 8/8(火)日本史 実は今とつながっている”江戸時代”


講義ノート

8月8日 17:30~19:00

クラス

【8/8】日本史 実は今とつながっている”江戸時代”

ワーク:

あなただったらどうやって江戸の町を大きくするか、考えてみよう

テーマ

江戸幕府を開き、江戸の町を一から作り始めた徳川家康。

彼の半生を見つつ、どうやって寂れた寒村だった江戸の町があれほどまでに大きくなったのか、その政策を見ていきました。

 

ねらい

わかりやすいヒーローが登場する戦国時代と幕末明治時代、この二つの時代にはさまれた江戸時代はあんまり人気がなく、幕府の政治家がどんな政治を行っただとかの退屈な話が続きがちです。

しかし、見方を変えてこの時代を見てみると、いまの日本社会の礎を築きあげた面白い時代ともみることができます。

1600年の江戸入府の際にはたった数百件の寒村だった江戸の町を、徳川家康とその子孫・家来たちがいかに巨大都市江戸につくりあげていったのか、それをみていくことで、歴史はいろいろな見方をするのが面白いし重要と気づいてもらえるようにしました。

教材

スライド。江戸の町の地図など

ナビゲーター:

石川 良樹